古今かわらぬ、感染症対策 | BOTANICAL LIFE TIPS
  • 2020/04/02

    古今かわらぬ、感染症対策

    桜のかわいらしい蕾が開花し、満開になり、そして散り始める今ごろになると、必ず浮かんでくるのがこの歌。

    「久方の 光のどけき 春の日に しず心なく 花の散るらん」

    平安前期の勅撰和歌集(ちょくせんわかしゅう)、古今和歌集に収められている紀友則の歌です。あの小倉百人一首にも入っているので、ご存じの方も多いと思います。

    ~こんなにも日差しがのどかな春の日に、どうして桜の花だけは(落ち着いた心がなく)散ってしまうのだろうか~

    とても優雅な貴族の生活が目に浮かび、百人一首でも一番好きな歌。

    今より何倍も、いえ何十倍も、いえいえ何千倍かもしれません、日常がゆっくりと流れていた平安の世では、桜がはらはら散る時でも、落ち着きがないと思ったのですね。

    しかし私たちは今、桜がはらはらどころか、桜吹雪以上の速さで情報が行き交う、超スピード化の時代にいます。

    ただそれだけ、生活環境が変わっても、変わらないものがあることに気づきました。

    それは、古典で習った平安時代の風習「物忌み」。不吉なことがあると、一定期間外に出るな、人に会うな。決まりを破り会話をしてしまった男は死の呪いを…、という恐ろしい話もあります。

    これはつまり、今まさに私たちが直面していること。感染症対策のような気がするのです。

    いくら近代化しても、人と菌やウイルスとの関係は、「一定期間外に出るな、人と会うなと」ほとんどやることは、変わらないのかもしれません。