"あたりまえの" 前で立ち止まってみよう | BOTANICAL LIFE TIPS
  • 2019/08/22

    “あたりまえの” 前で立ち止まってみよう

    夏の暑さもピークを迎え、体が重だるかったり、やる気が起きなかったりという、「何となく不調」を感じている人も多いでしょう。それはいわゆる「夏バテ」というものかも。病気ともいえない症状だけに対処法に戸惑うものですが、皆さんはどうしていますか?

    私たちの体にはちょっとした不調なら自ら治してしまう「自然治癒力」(自己治癒力とも)が備わっています。体全体の調整がとれているとき、いわばシステム稼働状態が正常なときは、自然治癒力は滞りなく作動していて体は一定の状態に保たれます。これが「健康」という状態です。
    体のどこかが調子を崩しているときも、この自然治癒力がはたらいてリカバリーに持っていきます。

    けれども、そんな素晴らしい自然治癒力も完全無欠・万能・万全ではありません。
    対処しきれないほどの負荷がかかるとオーバーヒートして、さまざまな不調が現れます。
    夏バテは、まさにその状態。ここのところの気温や湿度は誰にとっても耐えがたいほどで、食欲不振や睡眠不足、水分不足などに陥り、不調=夏バテをもたらします。
    冷房で冷えた屋内と、猛暑の屋外という、ギャップの激しい環境を行き来すると、体調をコントロールしている自律神経は調整機能の働きが追いつかなくなり、不調=夏バテをもたらします。

    このように原因が環境にある場合、菌やウイルスの活性を滅したりするのとは違って、原因を取り除くには環境を変えるか、なるべく影響を受けにくい状況に持っていくしかありません。

    まずは!ここのところの生活習慣全般を見直してみましょう。
     暑いから、冷たい飲み物ばかり飲んでいる。
     暑いから、のどごしの良いめん類ばかり食べている。
     暑いから、1日中エアコンの効いた室内にいる。
     暑いから、汗をかくような運動はしていない。
     暑いから、湯船には浸からずシャワーだけ。

    この時季、あたりまえにしていることの中に、夏バテの原因があるようです。
    自律神経の乱れは、放っておくと改善が難しく、涼しくなってからも不調を引きずることになりかねません。まずは、自分自身の体と心にしっかりと向き合って、「体の声」を聞いてみて。
    次に、リカバリーにはたらく自然治癒力を高めていきましょう。自然治癒力のアップには植物の力が有効です。具体的な方法はバックナンバーを参考にしてくださいね。もっと知りたい方はソフィアフィトセラピーカレッジまで…!