あの食べ物が原因?! 花粉症とも関係する口腔アレルギー | BOTANICAL LIFE TIPS
  • 2019/08/08

    あの食べ物が原因?! 花粉症とも関係する口腔アレルギー

    特定のくだものや野菜を食べると唇や口の中がヒリヒリして痒くなったり、ノドがイガイガしたりする「口腔アレルギー症候群」。
    これは、花粉症の人に多いようです。その理由とは…?

    この前まで大好きでよく食べていた○○で、突然かぶれて食べられなくなっちゃった…!という経験をしたことがある人はいませんか?
    生の果物や野菜のなかには、ある特定の花粉のアレルゲンと構造がよく似たものがあります。
    そのため、特定の果物や野菜を食べると、「花粉がはいってきた!」と体が勘違いして、すでに体内で作られている抗体と反応してしまい、アレルギー症状を起こすようです。

    口腔アレルギーは、口やノドのまわりに症状が現れますが、まれに鼻や目などの粘膜の炎症、腹痛や下痢、じんましんなどを引き起こすことも。
    もっと重症化すると、血圧低下や呼吸困難などの症状を引き起こす、アナフラキシーショックを発症する場合もあるそうです。
    花粉症を自覚している人は、知っておいた方がよいですね!
    ただし、果物や野菜は熱や消化酵素に比較的弱いものが多く、口やノドに悪さをしても、胃や小腸で分解され、加熱調理された果物・野菜では発症しないこともあるようです。
    おもな花粉と食物の関係は次のとおりですが、これらの花粉症を持つすべての人が、該当する食物に反応するとは限りません。

    ○スギ・ヒノキ・・・トマト
    ○シラカンバ・・・リンゴ、モモ、ナシ、スモモ、アンズ、サクランボ、イチゴ、ヘーゼルナッツ、アーモンド、クルミ、ピーナッツ、セロリ、ニンジン、ジャガイモ、キウイ、オレンジ、メロン、ライチ、マスタードなど
    ○オオアワガエリ・カモガヤ・・・メロン、スイカ、トマト、ジャガイモ、タマネギ、オレンジ、セロリ、キウイ、米、小麦など
    ○ブタクサ・・・スイカ、メロン、ズッキーニ、キュウリ、バナナなど
    ○ヨモギ・・・ニンジン、セロリ、レタス、ピーナッツ、クリ、ピスタチオ、ヘーゼルナッツ(ハシバミ)、ヒマワリの種、ジャガイモ、トマト、キウイ、香辛料(マスタード・コリアンダー・クミン)