夏本番!暑さをやわらげる"涼"を呼ぶアロマ | BOTANICAL LIFE TIPS
  • 2019/08/01

    夏本番!暑さをやわらげる“涼”を呼ぶアロマ

    こんにちは。フィトセラピスト藤原ゆみです。
    少し長めの梅雨が明け、いよいよ本格的な夏がやってきましたね!
    今回は蒸し暑い夏を心地よく過ごすためのフィトセラピー、涼を呼ぶアロマの活用をご紹介します。
    心とからだの夏バテ予防に!ぜひ、日々の暮らしにお役立てください。

    “涼”を呼ぶアロマといえば、やっぱり“ペパーミント”

    清涼感のある爽やかで涼やかな香りは、一瞬で心地よい涼風をもたらしてくれます。
    精油ビンのふたを開けて香りをかぐだけでもよいのですが、アロマスプレーを作っておけばシュッとひと吹きするだけで、家中どこでも爽やかな香りを楽しめます。

    ~涼やかアロマスプレーのレシピ~
    スプレー容器(30ml)に無水エタノール(5ml)を入れ、精油(ペパーミント6滴)を滴下します。さらに精製水(25ml)で薄めたら完成。よく振ってからスプレーしましょう。

    *玄関先に
    暑い外から帰ってきたら、まずクールダウン。気持ちのリセットにも。

    *お風呂の床や洗面台、キッチンのシンクなど、水回りに
    夏の水回りは、においが気になりやすい場所。ペパーミントは抗菌、抗真菌作用があるので、スプレーしておけば水回りの気になるにおいも抑えてくれます。

    *熱帯夜の寝室に
    ペパーミントの爽やかな香りはリフレッシュ向きと言われますが、蒸し暑く寝苦しい夜には安眠に導いてくれます。ただし眠る直前には香りが強すぎないように、ほんのり香りを漂わせるぐらいにしましょう。

    ペパーミント精油の活用法をもう一つ。
    冷たいおしぼりを作って冷蔵庫に入れておくと、帰宅後に汗を拭ってさっぱりできる“ひんやりおしぼり”が楽しめます!
    ペパーミントの清涼感が香りや触感でも感じられ、お肌も心もスッキリします。
    自分や家族のさっぱりケア、来客のおもてなしにも喜ばれるアイテムです。

    〜ペパーミントのヒンヤリおしぼり〜
    洗面器(ボウルなど)にペパーミント精油を1,2滴落とし、水を張ります。タオルを浸して絞ったらビニール袋に入れて冷蔵庫で冷やしておきます。

    フィトセラピーは手軽に出来て暮らしに役立てられます。
    植物のチカラで暑い夏も元気に心地よく過ごしたいですね。