窓辺を緑で涼やかに。準備は今です! | BOTANICAL LIFE TIPS
  • 2019/05/30

    窓辺を緑で涼やかに。準備は今です!

    突然の気温変化に体が追いつかず、しんどさを感じていませんか?
    暑さ対策では、住まい周りの準備もそろそろ始めどきです。

    夏の暑さ対策に、住まいまわりにできることといえば、グリーンカーテンですね。
    真夏の訪れとともに、ご近所の窓辺に茂る緑を見て気づいた頃には時すでに遅し…という人、いませんか?

    夏の窓辺に天然の植物のカーテンをしつらえるには、今が始めどきです。
    茂った葉は照りつける日差しを遮ってくれ、室内に直射日光が差し込むのを防ぎます。
    植物は根や空気中から吸収した水分を葉などから蒸発させる時、
    周囲の温度を下げるとともに、酸素を生み出してくれます。
    茂った葉がつくりだす陰影は、情緒豊かな夏の風景と涼感をもたらしてくれるでしょう。

    グリーンカーテンに適した、育てやすい植物には次のようなものがあります。

    ・朝顔
    種類が豊富で成長が早く、花を楽しめます。
    種類によって開花時期も様々なので、スペースがあれば多品種を育ててみてもよいかもしれません。

    ・ゴーヤ
    おなじみの沖縄伝来の植物。丈夫でツルを長く伸ばします。
    成長とともに実の収穫も楽しみに。実の独特な苦味は消化機能を助け、食欲不振な夏の食卓にぴったり。
    豊富なビタミンCも、老化防止と美肌づくりにおすすめです。

    その他、トケイソウやフウセンカズラ、パッションフルーツ、ミニきゅうり、ヘチマなども良いですね。
    ツルが上方向に伸びる植物であること、
    葉がギザギザしているものを選ぶと隙間ができるので風通しや木漏れ日ができます。

    必要な物:プランター、土、底石、支柱、ネットなど。
    植え方のコツ:ネットは垂直よりもやや斜めにして張りましょう。
    植物への日当たり、隙間ができるので風通しも確保でき、お手入れもしやすくなります。
    注意点:台風などで吹き飛ばされないよう、支柱とネットはしっかり固定させましょう。
    マンションは管理組合の規約を確認して、ご近所への配慮もお忘れなく。

    今年の夏はぜひ、緑の葉陰で暑さをしのぎましょう!