連休疲れは爽やかな新茶で癒しましょう! | BOTANICAL LIFE TIPS
  • 2019/05/09

    連休疲れは爽やかな新茶で癒しましょう!

    風薫る五月と言えば…新茶の季節です。お茶屋さんやスーパーマーケットでも見かけるようになってきました。
    この時期ならでは、新茶ならではの魅力と言えば、すっきり爽やかな味わいと旨みです。

    「茶」は、製造過程で熱処理をして、発酵を止めたものが「緑茶」となり、
    発酵させたものが「紅茶」や「ウーロン茶」になります。
    茶葉には様々ありますが、大まかに言うと元は皆同じ、ツバキ科の常緑低木の茶の木の葉です。

    中でも春一番の新芽はスタートフラッシュと呼ばれ、その葉は最も高品質であると言われています。
    まだ若く、日光に晒された日数が少ない摘みたての新芽を新鮮なうちに加工したもので、
    ポリフェノールの一種であるカテキンの生成が進んでいないため、渋みが少なくなります。
    そして、アミノ酸のテアニンが豊富で旨みが高いのが特徴です。
    鮮やかな緑色に青々しくすっきりとした香りは、新茶ならでは。

    <新茶のおいしい飲み方>
    茶葉はいつもよりやや多めに。
    少し冷ました湯(70〜80℃くらい)で淹れる。
    1分待って、急須を静かに揺らして、器に注ぐ。

    緑茶の機能性については皆様ご存知の通りですが、カテキン類の抗酸化作用は高く、
    抗がん作用や体脂肪低減作用などが報告されています。
    緑茶には興奮作用をもたらすカフェインが含まれているのに、
    飲むと心がホッと安らぐのは、アミノ酸のテアニンがもたらす鎮静作用によるためです。
    このように、一つの種類でもさまざまな成分を持っているのが植物の大きな特徴で、
    その人その人にとって必要な方向にはたらきかけてくれます。

    一服のお茶を飲むとき、ちょっとだけそんなことに思いを馳せてみてくださいね。


RELATED ARTICLE

    関連記事はありません