食べて「冷え」に負けない体になる! | BOTANICAL LIFE TIPS
  • 2019/01/17

    食べて「冷え」に負けない体になる!

    さまざまな不調を引き起こす原因にもなる「冷え」。予防と改善にはフィトセラピーで、植物の力を借りながら温活を。さらに日々のお食事に意識を向けて「食べて温活」にもトライしてみてください。

    私たちの体は食べたもので出来ている、といっても過言ではありません。
    どんな食事をしているか、日々の積み重ねが、その人の健康や見た目に現れます。
    四季のある日本において、旬の食べ物はその時季の健康維持に必要な栄養を吸収でき、
    何より美味しさがピークに達しますから、積極的に摂りたいものです。
    さらに、血行促進にはたらく食べ物には次のようなものがあります。

    ・良質なタンパク質
    筋力の低下や筋肉量の減少は、血行不良を招くだけでなく、むくみにも。
    筋肉のもとになるタンパク質を食べましょう。鳥のささみ肉、脂肪分の少ない赤身肉、
    白身魚もよいでしょう。

    ・根菜類
    夏が旬の野菜、キュウリ、トマト、ナスなどは体を冷やし、秋から冬が美味しさの
    ピークを迎える根菜類、芋、ニンジン、かぼちゃ、しょうがなどは体を温めます。
    ざっくりですが「地上から上は冷やし、下は温める」と覚えておきましょう。
    また、温・冷の見極めは色でも。白・青・緑など寒色系には冷やすものが多く、
    赤・オレンジ色などの暖色系は温めるものが多いです。
    さらに、産地も見極めポイントになり、寒い地域で冬に旬を迎える野菜は多くが温め、
    暖かい地域で旬を迎えるものは冷やす傾向にあります。
    例外としてダイコンは根菜ですが冷やす野菜。但し、煮込んで熱を通すと温めにはたらき、青々とした大根の葉っぱも体を温めます。栄養豊富なので捨てずに調理して美味しくいただきましょう。ごま油で炒めてジャコ、ゴマを加えるとごはんが進む惣菜になりますよ。

    ・香味野菜
    香りが立ち、味を引き立てる野菜のことで、にんにく、にら、生姜、シソ、大葉、玉ねぎ、白ネギなどが含まれます。食材の臭み消しなどにもよく使われるものですね。
    メインにはしづらい食材ですが、さまざまなレシピに欠かせない存在でもあります。

    ・スパイス類
    コショウ、山椒、とうがらし、クローブ、ターメリック、サフラン、シナモンなど。
    こちらも、素材の味を引き立て、料理に独特の風味や色合いを生み出すのに用いられるものです。
    ハーブとして認知されているものが多く、有用さは皆様もご存じの通りです。
    体を温めるものが多くあるので、料理や飲み物で取り入れてみましょう。
    黒胡椒や唐辛子はさまざまな料理に頻用されますが、意外なところでは甘い飲み物にもおすすめ。
    ココアに黒胡椒を散らすと甘さが引き立ち、ホットミルクに加えると牛乳独特の匂いが薄まり、
    ホットチョコレートに唐辛子も風味が増します。
    好き嫌いが分かれるとおもいますが、ものは試しにぜひ。

    ハーブティーでは「マテ」、「ルイボス」がおすすめです。
    マテは「飲むサラダ」といわれるほど栄養価が高く、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄分、食物繊維など日々の食事で不足しがちな栄養素を豊富に含んでいます。ただし微量のカフェインを含むので日中にどうぞ。
    ルイボスも、カルシウムやミネラルが豊富で、高い抗酸化力を発揮します。
    毛細血管を丈夫にし、ホルモンバランスの調整に働くので、冷えの改善、エイジングケアなど、大変頼もしい存在です。ノンカフェインなので、妊娠中や、妊活中、産後にもよいといわれています。

    食は生きる基本です。食事の内容を見直し、体のことを見据えた食材選び、バランスの良い食事は 冷えの改善だけでなく、体全体のコンディションを整えます。